生活習慣

冬到来!ダイエットするなら今だ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ダイエットのチャンス到来!冬は痩せやすい季節」

「冬は寒いから脂肪が固まって燃焼しづらくダイエットには向かない季節」なんて、よく聞きますよね。

しかし一方で「むしろ、冬は痩せやすい」なんてウワサも……果たしてどちらが本当なのでしょうか?

そこで今回は、

 

・冬は痩せにくい?痩せやすい?
・冬に痩せるのはどんなダイエット法がオススメなの?

 

の2つの疑問について答えていこうと思います。

冬って実はダイエットにもってこいの季節だった!

さっそくひとつめの「冬って痩せにくいの?」という疑問にお答えします。
結論から申し上げますと、「冬は痩せやすい」です。

その理由は、人間の身体の仕組みが大きく関係しています。

人間の身体は、機能が低下するのを防ぐために、体温を36度以上に保とうとする性質があります。
つまり、気温が低い冬は、身体が積極的にカロリーを燃焼して体温を上げようとするので、基礎代謝が上がるのです。
いっぽう気温が高い夏の場合、運動などの努力をしなければ基礎代謝は上がりません。

 

つまり、特別な努力をしなくても勝手に基礎代謝が上がってくれる冬は、ダイエットをするのに非常に適した季節なのです。

冬におすすめ!”動かない”ダイエット

半強制的に基礎代謝が上がるためカロリーを燃焼しやすい冬ですが、いくらダイエットのチャンスとはいえ「冬は寒いし動きたくない」と思う人がほとんどなのではないでしょうか?

 

そこでここからはそんな人のために、冬にぴったりな「筋トレや余計な運動をせずに痩せる方法」を3つご紹介します。

冬のおすすめダイエット1:腹巻をフル活用

ここまでの文章でも触れているとおり、冬のダイエットのカギは”基礎代謝”です。

この基礎代謝ですが、体温を1度上げるだけで、なんと10%も消費エネルギーを増やすことができます。
逆にいうと冷え性の人は、基礎代謝の消費効率を100%活かせていないのです。

そんな基礎代謝の底上げ、もとい体温上昇に一役買ってくれるのが、「腹巻」です。

人間の体の中でも重要な臓器が多く密集しているお腹を温めると、温かい血液が身体中を巡るため、体はポカポカと温まります。そのためにもっとも効率が良いアイテムが腹巻というわけです。

腹巻の素材はウールで決まり!

「冬のダイエットには腹巻がオススメ」とはいっても、どの素材でできた腹巻が一番ダイエットに効果的なのでしょうか。巷にはシルク・コットン・ウールといったさまざまな素材の腹巻が売っています。それぞれの素材には

 

・シルク:肌触りが良い
・コットン:丈夫で壊れにくい
・ウール:熱伝導率が低く、保温性が高い

 

といった特徴がありますが、冬場の腹巻として使うならウールがおすすめです。また、ウールは吸湿性も高いことから、蒸れる心配もありません。

腹巻は使い方でも効果に差が出る

腹巻は着用方法も重要です。
必ず「ウエストよりも少し上」で着用するようにしましょう。
お腹の下の方、特に骨盤のあたりに着用してしまうと、逆に血流が悪くなり、腹巻の効果が半減してしまいます。

 

また「腹巻すごい!じゃあずっとつけてれば勝手に痩せるんだ!」というのも間違いです。
腹巻に頼り過ぎてしまうと、身体本来が持っている体温を上げる機能が衰えてしまうので、体温調節が自力でできなくなってしまいます。1日の使用時間は4~5時間程度に留めるようにしましょう。

 

おすすめなのは日常生活で行う運動のタイミングに合わせて腹巻を使うことです。例えば

・朝起きて冷えた体を温めるために1時間
・家事をおこなう2時間
・夕飯の買い物にスーパーへ行く30分
・通勤の30分
・帰宅してから寝る前までの2時間

のようにもっとも効率が良くなるように腹巻を使いこなしましょう。

冬は体を中から温める”お鍋”を食べよう

冬は鍋がおいしい季節ですよね。
この体を内側から温めてくれる鍋も、冬の代謝をあげるのに、非常に理にかなった料理です。お鍋は油を使いませんし、野菜もたくさん摂取できることから、ダイエット向きな料理でもあります。

 

特におすすめなのは、お魚がメインのお鍋です。
とくにブリや鮭には内臓脂肪の分解を助けてくれる「DHA」が多く含まれていますから積極的に食べるようにしましょう。

 

またお鍋はシメが楽しみのひとつでもありますが、シメの雑炊やうどんを我慢すれば、さらにヘルシーな食事になります。運動をする気がないのであればここだけは我慢しましょう。

冬は”お風呂”で汗をかこう

 

運動をしないため汗をかきにくくなる冬ですが、そんな冬でも汗をかけるのが「お風呂」です。
冷え性対策としても注目されている入浴ですが、しっかり体を温めることはもちろんダイエットにだって効果があります。

 

ダイエットに最適な入浴方法は、「体温+2度のお湯に全身で浸かること」です。

 

体温+2度の温度は、「ヒートショックプロテイン」という、壊れた細胞を修復してくれるタンパク質がもっとも効率良く活動できる温度です。

そして、半身浴ではなく、全身で浸かることをおすすめした理由は、「水圧」です。
水圧が高い方が、血管が圧迫され、心臓に出入りする血液の量が増えるので、血行が良くなります。一方、半身浴は、単純計算で体にかかる水圧は半分になるので、そのぶん効果も半減してしまうというわけです。

 

ヒートショックプロテインで活性化された細胞と、全身浴で身体中を温まった血液が巡ることによって、基礎代謝が上がり、痩せやすい体を手に入れることができるのです。

冬のダイエットは基礎代謝を意識して効率良く痩せよう

いかがでしたか?
今回は、

  • 冬はダイエットがしやすい季節である
  • 基礎代謝(体温)を上げれば運動しなくても消費が増えて痩せられる

という点についてお話しました。

なにもしなくても体が温かい夏とは異なり、体がカロリーを消費する姿勢である冬は、むしろダイエットにもってこいの季節ですね。

 

寒くて動きたくない冬も、腹巻などのアイテム、お鍋などの食事、お風呂の入り方などを意識的に生活に取り入れることで、何もしなくても痩せやすい体が手に入ってしまいます。

 

筋トレや食事制限に依存しないダイエットなので、即効性はありませんが、リバウンドの心配がほとんどないのも嬉しいですよね。また体を温めることは、女性の天敵でもある「冷え性」の改善も期待できるのも大きな魅力です。

 

「冬は脂肪が落ちないから、暖かい季節になったらダイエットしよう」

と、現実逃避している方は、いますぐ今回ご紹介したダイエットに取り組んで、美しく健康的な体を手に入れちゃいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。