食事法

デトックス・抗酸化作用・ダイエットに!スーパーフードの”力”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは『スーパーフード』をご存じですか?

近頃では、世界的モデルであるミランダカーさんが食生活に取り入れていることで話題になりました。

抗酸化作用が高い、老化予防など、美容・健康などに魅力的な効果が期待出来る”スーパーフード”。

今回は、その特徴や効果的な食べ方をご紹介していきましょう♬

スーパーフードとは?

スーパーフードとは、1980年代にアメリカやカナダの食事療法研究の医師や専門家が、「有効成分を多く含む優秀な食品」をスーパーフードと呼び始めたことが始まりとされています。

健康に良い栄養素を豊富に含み、ローカロリーであることがその基本です。

そして、栄養成分を壊さない低温での調理方法との相性も良いため、ブームとなりました。

 

ダイエットやアンチエイジングの強い味方!

ダイエットやアンチエイジングに効果的であると、注目が高まっているスーパーフード

サプリメントと混同されてしまいがちですが、スーパーフードはあくまで”食材”です。

美容健康に良いから・・・と、無理に口にするのではなく、いつもの食事にちょっと混ぜるなどして、美味しく取り入れるのがコツです。

栄養価・機能性の高さに大注目

スーパーフードは、栄養価・機能性が高いという、以下の様な特徴を持ちます。

  • 人類が長く親しんできており、栄養価が高い
  • 美容・健康に良い成分を多種類含んでいる
  • 美容・健康に良い成分の含有量が高い

また、種や実・葉などを、そのまま丸ごと食べられるものが多く、高い栄養素を無駄なく摂取できるといった大きなメリットがあります。

良質なタンパク質やビタミン・ミネラル・食物繊維などの栄養素や、抗酸化物質などの機能成分の含有量が突出しており、他の食品と比較して、例えば数倍にもなるものが多いことも、嬉しい特徴です♬

食べてキレイになれるスーパーフード

美容・健康・ダイエットにオススメのスーパーフードを、5つご紹介いたしましょう♬

  • モリンガ
  • キヌア
  • チアシード
  • マヌカハニー
  • アサイー

モリンガ

モリンガとは、北インド地方を原産とするワサビノキ科の植物。

インド・アフリカ・フィリピン・インドネシアなどの亜熱帯の国々では、古来より薬や美容健康のために親しまれてきました。

世界三代美女のクレオパトラが、モリンガのオイルを肌に塗り、モリンガのお茶を飲んで美しさを維持していたという話もあるほどです。

”ミラクルツリー(奇跡の木)”とも呼ばれ、重要な栄養素が豊かに含まれています。

日本でも栽培が盛んなモリンガ

ビタミン・ミネラル・アミノ酸がバランスも良く含まれ、ポリフェノールは赤ワインの約8倍ビタミンEは卵の96倍鉄分はプルーンの82倍アミノ酸は米酢の97倍食物繊維はレタスの28倍など、正にスーパーフード!

モリンガは、日本では沖縄・九州などの温暖な地域で栽培され、種・茎・葉・花・根の部分、全部を食べることが出来ます

葉と花の部分はハーブやお茶として、種はオイルに、根は漢方薬・香辛料に使われ、化粧品や香水にも使われていたりと、万能な植物なのです。

マルチな栄養とデトックス効果

アーユルヴェーダでは生薬として使用されています。

アミノ酸・ビタミンB群・カルシウム・食物繊維・CABAなどを含み、デトックスダイエットにオススメです♬

また消炎効果、リラックス効果、アンチエイジングにも期待できます。

モリンガの美味しい食べ方

お茶として飲めば効率よく栄養素を吸収出来ますし、パウダータイプなら飲み物に混ぜたり、お料理に使う事も出来ます。

サプリメントなら摂り入れられます♬

種から抽出されたオイルはスキンケアでも大活躍ですね!

緑茶や抹茶と同じように使えますので、気軽に取り入れられるのも嬉しいポイントです。

キヌア

キヌアの原産地は、コロンビアからアルゼンチンにかけてのアンデス山脈一帯とされ、5000年程前から食用に使われていました。

かのインカ帝国では、神聖な作物として「穀物の母」と呼ばれていたほどです。

小さな粒に豊富な栄養素

キヌアはお米の半分ほどしかない小さな粒ですが、驚くほどの栄養素が詰まっています。

精白米と比べると、鉄分5倍、カルシウム6倍、食物繊維は10倍も含まれています!

またキヌアに含まれるタンパク質は、精白米の2倍で、牛乳に匹敵するほどの良質なタンパク質です。

また、体内で女性ホルモンと似た働きをするフェトエストロゲンを含むので、更年期障害・骨粗しょう症改善効果、乳がんの予防、骨密度低下予防など、美容健康に嬉しい効果がたくさん得られるのです♬

キヌアの美味しい食べ方

キヌアは味も淡泊ですので、取り入れやすい食材です。

キヌアは茹でて使用しますので、洗ったキヌアを沸騰した湯に入れて18分くらい茹でてからいただきます。

スープやサラダにかけたり、ポテトサラダやクリームチーズに混ぜても美味しくいただけます。

キヌアを普段のレシピに取り入れて、生活習慣病予防や便秘解消効果を期待しましょう♬

チアシード

チアシードは、メキシコなどの中南米産のシソ科サルビア属のミントの一種である「チアの実」です。

チアはマヤ語で”力”と言う意味を持ち、主に南米で親しまれているスーパーフードなのです。

ゴマに似た食感を持ち、以下の栄養素が豊富に含まれます。

  • 食物繊維
  • アミノ酸
  • αリノレン酸

食物繊維

チアシードには水溶性・不溶性の食物繊維が含まれます。

水溶性:コレステロールの改善・血糖値改善・糖尿病予防改善・心筋梗塞予防

不溶性:便秘・痔・高血圧・血糖値改善

アミノ酸

チアシードには、人間が体内で作り出す事の出来ない必須アミノ酸9種類のうちの、8種類が含まれています

必須アミノ酸は、成人病予防・アンチエイジング・ダイエットなどに効果的です。

αリノレン酸

チアシードには、オメガ3脂肪酸のひとつである”αリノレン酸豊富に含みます。

1:4の黄金比! アレルギー・ドロドロ血液・脳梗塞を防ぐ “オメガ3必須脂肪酸”摂取のすすめ

で詳しくご説明していますが、αリノレン酸は体内で作り出す事の出来ない”必須脂肪酸”です。

体内に摂り入れると、血管の炎症を取り除く効果があります。

認知症・アルツハイマー・アレルギー症状の緩和・生活習慣病の予防改善・美肌など美容健康効果が期待できますよ♬

チアシードの美味しい食べ方

チアシードに含まれるαリノレン酸は熱に弱いため、加熱は避けます

また、水などにふやさずに摂取すると腸内の水分を吸い取り、便秘の原因となりますので注意しましょう。

ですから、チアシードはすり潰してから水分でふやかして摂取しましょう。

すり潰すことで栄養を吸収しやすくなり、野菜と一緒に食べることで、βカロチン・ビタミンE・Kの吸収率がアップしますよ♬

マヌカハニー

”マヌカ”とは、ニュージーランドの原住民であるマリオ族が薬として親しんできた木のこと。

この木に咲く花から集めた蜜から作られるはちみつを”マヌカハニー”と呼びます。

このマヌカハニーは高い抗酸化力をもち、栄養価も高いスーパーフードとして注目を集めています。

殺菌力が優れている

マヌカハニーはその他のはちみつ比べ、抗酸化力が抜群!

それはメチルグリオキサールと呼ばれる抗菌成分が豊富に含まれるためです。

そのため、例えば以下の様な効果が期待出来るのです。

  • ピロリ菌・大腸菌など胃腸疾患の改善
  • 口内炎・歯周病
  • のどの痛み・鼻づまり・風邪・インフルエンザの予防改善
  • 整腸作用
  • コレステロール値
  • 切り傷・やけど
  • 炎症の緩和

マヌカハニーの美味しい食べ方

マヌカハニーは満腹の際に食べてしまうと抗菌成分メチルグリオキサールが胃の粘膜に届かず、満足な効果が得られなくなってしまいます。

効果を最大限に発揮するためには、適量ティースプーン2杯分を空腹時に直接舐めるのが一番!

起床後の朝食前などがオススメですよ♬

※マヌカハニーは、はちみつの一種ですので、他のはちみつ同様1歳未満の乳幼児は食べられませんので、注意しましょう。

アサイー

アサイーはブラジルのアマゾン熱帯雨林に自生するヤシ科の植物。

アマゾンの過酷な環境で育っているため、非常に栄養価が高くスーパーフードだけでなく、「スーパーフルーツ」とも呼ばれる程です。

アサイーの豊富な栄養素は、例えば以下の通りです。

  • 鉄分
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • アミノ酸
  • オレイン酸
  • ビタミンB1・B2
  • ポリフェノール

この様に栄養豊富ですが、ポリフェノールはワインの約30倍

ポリフェノールは活性酸素を除去する”抗酸化物質”ですので、美容にも効果的です。

また、肌を支えているコラーゲンは鉄分がないと作られません

ポリフェノールはその働きを助けますので、美肌にも効果的ですよ♬

お酒が苦手な方にもオススメのスーパーフードなのです♬

アサイーの美味しい食べ方

アサイーはビタミンCを多く含むアセロラ・グアバ・レモン・キウイ・イチゴなどと一緒に摂取すると、栄養の吸収率がアップします。

また腸内環境を整える善玉菌を増やしてくれるヨーグルト・甘酒などの発酵食品も吸収率を良くしてくれます。

またアサイーのポリフェノールは紫外線ダメージから肌を守ってくれますので朝食に食べると効果的です♬

※アサイーはコーヒー・紅茶などと一緒に食べると、タンニンが鉄分の吸収を阻害してしまいますので、避けましょう。

※肝機能が低下している時に摂り過ぎてしまうと、鉄分の影響で肝機能障害を引き起こす危険性がありますので、健康状態に心配のある方は控えましょう。

いつもの食事に”スーパーフード”を♬

いかがでしたでしょうか?

普段の食卓に、スーパーフードを”ちょい足し”。

無理に食べるのではなく、嬉しい効果を自然に取り入れて、美容・健康をサポート♬

内側からキレイを目指してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。