食事法

腸内フローラダイエットってなに?デブ菌とヤセ菌を知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

最近CMなどでもよく聞く「腸内フローラ」。
この腸内フローラを使ったダイエットが最近流行しだしていることをご存知ですか?
健康的に美しく痩せられると非常に注目されているダイエット方法なのですが、どんなダイエットなのでしょうか?今回は
・腸内フローラダイエットってどうやるの?
・デブ菌とヤセ菌ってなに?
といった疑問について、詳しくご紹介します。
腸内フローラという言葉を知らない人も解説をつけているのでぜひ読んでみてください。

腸の中のお花畑”腸内フローラ”

まず腸内フローラダイエットを説明するにあたって必要なのが“腸内フローラ”そのものについての知識。「そもそも腸内フローラって何?」という人はまずはここから知っていきましょう。

人間の小腸から大腸には、数百種類の細菌が600兆個以上生息しており、種類ごとにグループを組んでまとまっています。

参照元:ビオフェルミン製薬公式YouTubeチャンネル

この様子を顕微鏡で覗くと動画のように、お花畑(flora)のように見えるのでこの最近のまとまりは”腸内フローラ”と呼ばれているのです。

腸内フローラに生息している細菌の種類は3つ

腸内フローラにはどんな種類の細菌がいるのでしょうか?腸内細菌は、大きく以下の3種類に分類されます。

細菌の種類 代表的な菌 体への効果
善玉菌

ビフィズス菌

乳酸菌

健康維持、老化防止
悪玉菌

ウェルシュ菌

ブドウ球菌

大腸菌(有毒琳)

健康阻害、老化促進、病気のきっかけ
日和見菌

バクテロイデス

大腸菌(無毒琳)

連鎖球菌

善玉菌、悪玉菌の優劣で変動

善玉菌は、悪玉菌の侵入を防いだり、腸の運動を促したりすることで、お腹の調子を整える細菌です。体に良い菌と覚えておきましょう。
対して悪玉菌は、増えてしまうとお腹の調子を崩し、便秘や下痢などを引き起こす悪い菌です。
便など腸内に関する作用以外にも、老化や肌荒れ、肩こりなど、全身で悪さをします。
日和見菌は、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスをみて、多い方に加勢するどっちつかずな菌です。

この腸内フローラの理想的な状態は、「善玉菌20%:悪玉菌10%:日和見菌70%」と言われています。理想形はこの形ですが、「善玉菌>悪玉菌」であることが大切です。
腸内フローラのバランスは、体調や食生活、年齢やストレスなど、さまざまな要因で日々変化しています。

腸内フローラダイエットのカギ、デブ菌・ヤセ菌とは?

さて腸内フローラについてわかったところで、ここからが本題。
腸内フローラダイエットの核となる要素、”デブ菌”と”ヤセ菌”についてご紹介します。

結論として、「デブ菌>ヤセ菌」の状態だと肥満になり、「ヤセ菌>デブ菌」の状態であれば痩せ体質になります。
これはアメリカの大学の実験で立証されており、以下のような結果が出ています。
デブ菌が多いネズミの体脂肪率は47%
ヤセ菌が多いネズミの体脂肪率は27%
ワシントン大学のヤセ菌とデブ菌についての論文

この「デブ菌」・「ヤセ菌」の正体って何なのでしょうか?

デブ菌の正体は”ファーミキューテス”

“ファーミキューテス”は先ほどご紹介した日和見菌の一種です。
「日和見菌なら良くも悪くもないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、ファーミキューテスは消化が終わり、便として体外へ排出しなければならないものを溜め込んでしまう性質を持っています。
老廃物をため込んでしまうのですから、ダイエットしたい人にとっては天敵ですよね。

ヤセ菌の正体は”バクテロイデス”

“バクテロイデス”もデブ菌のファーミキューテス同様、日和見菌の一種です。
バクテロイデスは”脂肪細胞に働きかけ、余分な脂肪をため込まないようにしてくれたり、脂肪の燃焼を促してくれる“短鎖脂肪酸”という物質を生成してくれます。

腸内フローラダイエットはデブ菌とヤセ菌のバランス調整

 

腸内フローラダイエットは、簡単に言ってしまえば「デブ菌優位の腸内フローラを見直し、ヤセ菌優位の腸内フローラ環境を整える」というものです。

ヤセ菌:デブ菌の理想的な比率6:4。逆にデブ菌3割:ヤセ菌7割の割合が、もっとも肥満を加速させてしまいます。
「痩せるにはヤセ菌を増やせばいいんだ!」というわけではなく、ヤセ菌が活発にはたらくには、デブ菌の存在も不可欠なんです。

またヤセ菌を活発に働かせるためには、体に良い影響をもたらす善玉菌が優勢である腸内フローラを保つ必要があります。
いくらヤセ菌を増やしても、日和見菌であるヤセ菌は、腸内フローラが悪い環境(悪玉菌が優勢)であれば、ヤセ菌も体に悪影響を及ぼす働きをするようになってしまうからです。

そんな理想的な腸内環境を整えるためには何をすればいいのでしょうか?2つ今からご紹介します。

腸内フローラを整える”発酵食品”を食べよう

 

腸内フローラを良い状態に保ってくれる善玉菌は、日常的に取り入れないと、すぐに減少してしまいます。では、善玉菌を増やすためにはどうしたらいいのでしょうか?
その答えは、「発酵食品を食べる」です。
発酵食品を食べれば、善玉菌を生きたまま腸に届けることができます。さらに、ヤセ菌の主な栄養素である「酵素」を多く含んでいるのもうれしいポイントです。

腸内フローラダイエットのカギは”和食”

 

お肉が多く野菜が少ない、欧米風の現代の日本の食生活は、デブ菌が増えてしまいがちです。
そこで取り入れたいのが和食。味噌や醤油などの発酵食品を味付けにを使用したり、朝食に納豆を食べる、副菜に漬物を取り入れるなど、「善玉菌を効率よく腸まで送ってくれる食事」が自然にできます。
また、お肉は悪玉菌の大好物なので、和食の中でも、できるだけ魚を多く取り入れる食事を心がけましょう。

腸内フローラダイエットは”アンチエイジング”にも効果あり!

腸内フローラダイエットが今注目されている理由が、「ダイエットだけではなくアンチエイジングにも効果がある」ということです。
腸内フローラが整うと、お通じが良くなるため、肌荒れや髪質などの改善も期待できるのです。
巷で流行っているダイエットには「体重は痩せたけど、なんだかやつれてしまった」というようなものも多いなか、腸内フローラダイエットにはその心配がないというのは大きなメリットですね!

腸内フローラダイエットで健康的に痩せよう!

今回は腸内フローラダイエットについて、
・腸内フローラとは小腸から大腸にかけてひろがっている細菌の固まりだということ
・腸内フローラには善玉菌・悪玉菌・日和見菌があり、善玉菌優位の環境を作る必要があること
・日和見菌のなかにはデブ菌・ヤセ菌と呼ばれる菌があり、デブ菌:ヤセ菌=4:6の割合が理想的な腸内環境であること
・理想的な腸内フローラを作り上げるためには、発酵食品や和食を積極的に食べるのがよいこと
をお伝えしましたがいかがでしたか?
腸内フローラダイエットは、健康的に美しく痩せられる、女性には非常に魅力的なダイエットです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。