体の知識

お肌の老化現象・シミ・しわの原因『紫外線A波・B波』から肌を守る! 日焼けをしっかり防ぐ3つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もうすぐゴールデンウィーク!
汗ばむ陽気の日が増えてきましたね♪
日差しが強くなるにつれて気になってくるのが・・・
そう!『紫外線』です。
「日焼け」と一言にいっても、お肌への影響は様々です。

紫外線には3つの”波長”がある!

太陽光にはいくつもの種類があります。
太陽からの光線には、私たちが目に見ることの出来る「可視光線」、その他に「赤外線」「紫外線」「X線」「ガンマ線」なども含まれています。
さらに、紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」「B波(UVB)」「C波(UVC)」に分けられます。

 

これらの光線の中で、「ガンマ線」「X線」「紫外線C派」はオゾン層がカットしてくれるため、地上に届くことはありません。
つまり、紫外線のうち地上に届くのは、以下の2種類の紫外線となります。

紫外線A波(UVA)と「紫外線B波(UVB)

紫外線A波(UVA)と紫外線B波(UVB)の違いは?

紫外線A波(UVA)紫外線B波(UVB)・・・。
みなさんも一度は耳にしたことがあると思いますが、
お肌にどんな影響があるか知っていますか?
詳しく見ていきましょう♬

紫外線A波(UVA)

紫外線A波(UVA)は、紫外線B波(UVB)に比べて、お肌に急激なダメージを与えません。
紫外線を浴びてすぐに肌が黒くなってしまう症状(サンタン)は引き起こしにくいため、紫外線B波(UVB)よりもお肌への影響が少ないように感じられます。
しかし、実はこの紫外線A波(UVA)が、シミやしわに大きく関わっているのです
紫外線A波は、波長が長い特徴をいかし、肌の奥深くにまで到達し、ゆっくりとお肌に様々な悪影響を及ぼします。
コラーゲンを変性させしわの原因を作るなど、長い時間を掛けて、ゆっくりと気が付かないうちにお肌を傷つけているのです。
また、紫外線A波(UVA)はオゾン層を通り抜けやすく、紫外線B波(UVB)の20倍以上、全紫外線の約90%が地上に降り注いでいます!
紫外線A派(UVA)は、窓ガラスや雲を通り抜けて地上に降り注ぐため、雨や曇りの日の屋外、また日当たりの良い室内でも、紫外線対策が必要です。

紫外線A波による影響

  • 長時間浴び続けることで、シミやしわの原因となる

紫外線B波(UVB)

長時間の海水浴や日光浴などで、肌が真っ赤に焼けたり、水ぶくれができてしまったり、
この様に肌が赤くなる日焼けの症状を『サンバーン』と呼び、紫外線B波(UVB)による日焼けの大きな特徴です。
UBVはエネルギーが強く、お肌の表面の細胞を傷つけたり炎症を引き起こすため、
皮膚がんやシミの原因とされています。
しかし、紫外線B波(UVB)は波長が短いため、オゾン層や上空にある雲に阻まれて、地上に到達する量は全紫外線の約10%程度です。
そのため、日常生活の中で、日傘を使用したり、日陰を歩くなど、なるべく直射日光に当たらないよう心掛けるだけで、紫外線B派(UVB)に当たる量を減らすことが出来ます。

紫外線B波(UVB)による影響

  • シミ
  • しわ
  • 乾燥
  • 免疫力の低下
  • がん
  • 白内障

サンタンとサンバーン

日焼けには、肌の色が黒くなる「サンタン」と、短時間で皮膚が真っ赤になり痛みを伴う「サンバーン」の2種類に分ける事が出来ます。

サンタン

サンタンとは、皮膚が日焼けによって黒くなった状態を指します。
「小麦肌」を想像すると分かりやすいですね。
サンタンは紫外線A波(UVA)が引き起こします。
波長の長い紫外線A波(UVA)は、エネルギーこそ大きくないものの、皮膚の真皮層にまで到達します。
紫外線A波(UVA)を受けた体は、新たな紫外線から皮膚を守るための防御反応で、メラニン色素をどんどん生成します。
これが、皮膚が「小麦色」になる仕組みです。
そして、新陳代謝の働きによって、メラニン色素が排出され、元の肌色に戻るのです。

サンバーン

サンバーンとは、ヒリヒリとした真っ赤になった日焼けの状態のことです。
日光浴や海水浴で急激に日焼けをすると引き起こしやすい症状です。
このサンバーンは、紫外線B波(UVB)によるものです。
紫外線B波(UVB)は波長の短い紫外線ですが、肌表面の細胞を破壊し、DNAを損傷させる力を持っています。
たくさんの紫外線B波(UVB)を浴びると、肌表面の細胞の損傷がひどくなり、その傷を回復させようと、皮膚表面の毛細血管が拡張します。
そのため、皮膚が真っ赤になったり、やけどのような症状になります。
その後、状態が落ち着いてくると皮膚が剥がれ落ちるなどして生まれ変わり、元のお肌の状態へと戻っていきます。

紫外線A波・紫外線B波をどう防ぐ!?

お肌や体に深刻な影響を及ぼす紫外線・・・。
どう防げば良いのでしょうか?

  1. 日傘をさす・帽子をかぶる
  2. サングラスをかける
  3. 日焼け止めを塗る

日傘をさす・帽子をかぶる

白は紫外線を反射し、逆に黒は紫外線を吸収して防ぎます。
白に比べて、黒は紫外線防止率は高いですが、近頃の日傘のほとんどはUVカット加工が施されています。
そのためUVカット加工のされている日傘なら、色は何色を選んでも関係ないとされています。
同じように帽子も、UVカット加工の品を選ぶと良いですね。
また上空から降り注ぐだけでなく、アスファルトに反射し、下から照り返してくる紫外線にも注意が必要です。
内側の色が白に近いと、照り返した紫外線を反射し、日傘・帽子の内側で紫外線を浴びてしまいますので、内側の色はなるべく黒に近い物が好ましいですね。

  • UVカット加工のされているもの
  • 内側は黒に近いもの
  • 生地の厚いものを選ぶ
  • 穴の開いたレースデザインの物は避ける

UVカット加工の効果は3年程で薄れるとされていますので、買い替えやUVカットスプレーなどでこまめにお手入れをしましょう。

サングラスをかける

人の目には、もともと紫外線を防ぐ力が備わっていますので、例えば通勤時間などの日常生活で多少の紫外線を浴びる分には、特に問題がないとされています。
しかし、長時間強い紫外線を浴びると、角膜炎や視界の歪みなどのリスクを伴います。
それらを防ぐためにも、海水浴や日光浴、スポーツ、登山などのアウトドアのレジャーなど、長時間にわたって強い紫外線の中で過ごす時には、サングラスの着用がオススメです。

色の濃いレンズの方が紫外線をカットできると勘違いしがちですが、サングラスの場合は色と紫外線カットの性能は関係ありません。
紫外線カット加工のサングラスには、「紫外線透過率」が数字で表記されています。この数値は、そのレンズがどれだけ紫外線を透過するかを示す数字なので、低い数値であればあるほど、レンズの性能が優れているということになります。
「紫外線透過率1.0%以下」のサングラスは、紫外線を99%以上カットすることが出来ることになります。
逆に「紫外線カット率」と表記しているレンズは、数値が高ければ高いほどレンズの性能が優れているサングラスであるということになります。
「紫外線透過率」「紫外線カット率」の機能がない濃い色のレンズのサングラスを使用すると、目に悪い影響を与える可能性があります。
人の目は、暗いところでは瞳孔が開き、より多くの光を取り込むようにできています。
また、明るいところでは瞳孔は小さくなり、光を取り込む量を減らす調節をしています。
そのため、紫外線カット機能のない濃い色のレンズで強い光を多く浴びると、瞳孔が開いた状態になり、多くの紫外線を目に取り込んでしまい、トラブルを引き起こしてしまうのです。

  • 紫外線透過率の低いもの、または、紫外線カット率の高いサングラスを選ぶ
  • 「紫外線透過率」「紫外線カット率」機能のない濃い色のサングラスは避ける

日焼け止めを塗る

日焼け止めはどんなものを選ぶと効果的なのでしょうか?
紫外線による日焼けを防ぐことを目的につくられた化粧品ですが、きちんと効果のあるものを選ばないと、肌へ負担をかけてしまう事も・・・。
数ある日焼け止めの中から、ご自分に合ったものを選ぶためのポイントをご紹介します♬

  1. フェイス用やボディ用かを確認する
  2. SPF・PAが配合された日焼け止めを選ぶ

フェイス用やボディ用かを確認する

日焼け止めを選ぶ際は、記載されているメーカー推奨の使用部位を確認してみましょう
お顔と体の皮膚は、皮膚の薄さや皮脂腺の数が異なるため、多くのメーカーで「フェイス用」と「ボディ用」に、オススメの使用部位が定められているのです。
基礎化粧品が顔用と体用で異なるものを使用するように、日焼け止めも部位ごとに使い分けることで、効果を実感しやすくなります。
もちろん、「フェイス用」と表記された日焼け止めを体に使用しても問題はありませんよ!
しかし、日焼け止めの効果を最大限に発揮させるためにも、「フェイス用」か「ボディ用」かを確認してからの購入がオススメです♬

SPF・PAが配合された日焼け止めを選ぶ

日焼け止めのパッケージを良く見てみると、SPF・PAのどちらか、または両方表記されていることにお気づきですか?

SPF(サンプロテクションファクター)

SPFは、日焼けや肌に赤みを起こす紫外線B波(UVB)を防ぐ数値の大きさを示します。
現在、SPF1~50+までの日焼け止めが市販され、数値が大きければ大きいほど、肌を紫外線B波(UVB)から保護することが期待できます
紫外線に当りだしてから日焼けをしてしまうまで、人によって個人差がありますが、約15分~20分と言われています。
例えば、「SPF30」と表記されている日焼け止めは、日焼けを通常より30倍遅らせることができるという意味です。

PA(プロテクショングレイドオブUVA)

PAは肌を黒くするといわれている、紫外線A波(UVA)を防ぐ数値の大きさを示します。
日光に当たった際に、『日焼け止めを塗らない状態に比べて肌が黒くなるまでの時間をどれだけ延ばせるか』によって、4つに分類されます。
PA+~PA++++までの4段階で、+が多いほど紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が期待できるのです。

  • PA + 「効果がある」
  • PA ++ 「効果がかなりある」
  • PA +++ 「効果が非常にある」
  • PA ++++ 「効果が極めて高い」

自分自身のライフスタイルに合わせて日焼け止めを選ぶ!

日焼け止めを選ぶ際は、使用するシーンに合わせたSPF・PAが配合された日焼け止めを選びましょう。
どのような場所で、どれくらいの時間、どれくらいの強さの紫外線を浴びるかを考え、SPF・PAが配合された日焼け止めを選ぶことがポイントです♬
SPF・PAの値に比例して日焼け防止が期待できますが、同時にお肌への負担も大きくなることも事実です。
自分のライフスタイルや、使用状況に合わせた日焼け止めを選ぶよう心がけましょう。
以下の基準を参考にしてみて下さいね♪

 

  • 日常生活(散歩・通勤・買い物など)➡SPF10/PA+程度
  • 屋外での活動・スポーツ➡SPF10~30/PA++以上
  • 海水浴・日光浴・マリンスポーツ・炎天下での活動➡SPF30~50/PA++~+++
  • 非常に強い紫外線を長時間浴びる活動➡SPF50/PA++++

美肌を守るためには『紫外線A波・B波』両方を防ぐ!

紫外線は夏だけではなく、1年中降り注いでいます!
先に述べたように、紫外線A波は波長が長く、天候に関係なく年間を通して降り注ぎ、
雲や窓・カーテンをも通り抜け、お肌に悪影響をもたらします。
紫外線A波(UVA)、紫外線B波(UVB)それぞれの特長をとらえ、
お肌をダメージからしっかりと守り、美肌を手に入れましょう♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。