生活習慣

光老化の3つの原因“紫外線・近赤外線・ブルーライト”から肌を守ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏も本番!
太陽が眩しい季節になってきましたね。
紫外線対策はバッチリ!

・・・本当に大丈夫でしょうか。

実は紫外線には肌を老化させる光が3つ含まれている事をご存じでしたか?
今回は光老化を引き起こす原因と、その対策をご紹介していきましょう♬

“光老化”とは?

近頃注目が高まっている、“光老化”。

光老化とは、老化現象のひとつで、主に太陽光線によって進む老化を指しています。
肌の老化の割合は以下の通りです。

  • 自然現象老化➡20%
  • 光老化➡80%

この数字を見て分かるように、人の肌にとって紫外線は大きな負担となり、適切な保護・ケアをせずにいると肌老化をどんどん促進させ、しみ・しわ・くすみ・たるみを引き起こし、あっという間に”老け顔”になってしまうのです・・・!

顔のしみ・しわ・くすみ・たるみは、紫外線を浴びる量に大きく左右されます。
また、最も悪い状態となると、皮膚がんをも生じさせてしまいます。

老化の原因、3つの光

太陽光線は様々な光で構成されており、その種類や性質も様々で、大きく3つ分けることが出来ます。

  • 紫外線(UV)
  • 可視光線(ブルーライトなど)
  • 赤外線(IR)・近赤外線(NIR)

この3つの光老化のうち、人に最も大きな影響を与える光が『紫外線』です。
また可視光線は、電磁波のうちで人間が目で見える波長のもので、一般的に”光”として視覚でとらえています。

その可視光線の一種であるブルーライト・近赤外線(NIR)も光老化に関係しているのです。

紫外線

紫外線は、太陽から放たれる太陽光線を形成している成分のひとつで、肉眼では見る事の出来ない”不可視光線”です。
可視光線よりも波長が短く、エックス線よりは長い電磁波です。

肉眼で見ることが出来ない光で、UV-A・UV-B・UV-Cに分けることができます。

オゾン層などの大気層で、波長が短いUV-Cなど一部が吸収されるので、地上に届くのはUV-A・UV-Bのみですが、それぞれ光老化の主な原因とされています。

UV-A

  • 波長が長く、急激なダメージは少ない
  • オゾン層・雲を突き抜け地表に降り注ぐ
  • 肌のたるみ・しわなどの原因
  • 肌の奥の真皮層まで到達する
  • UV-Bほど有害ではないが、長時間浴びた場合の健康被害が懸念されている

UV-B

  • ほとんどが大気層で吸収されるが、一部は地表へ到達する
  • 波長が短い
  • 表皮までしか届かないが、エネルギーが強い
  • しみ・しわ・皮膚がんなどの原因
  • メラニンを生成する

可視光線(ブルーライトなど)

ブルーライトは、肉眼で見る事の出来る青色の光を指します。

波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達しています。
パソコンやマートフォンなどのLEDディスプレイやLED証明には、このブルーライトが多く含まれており、その影響が問題視されています。

ブルーライトを発するもの

  • 太陽光
  • パソコン
  • 携帯電話・スマートフォン
  • 携帯ゲーム機器
  • 照明器具(蛍光灯・LEDなど)
  • 液晶テレビ

このように、ブルーライトは私たちの生活に溶け込み、あらゆる機器に使用されています。
日常生活を送っているだけでも自然に浴びているブルーライトですが、紫外線との違いは、紫外線は不可視光線で、ブルーライトよりも波長が長いという点です。

私たちの目の角膜や水晶体は、およそ350nm~800nmの波長を透過させますが、それより外側の電磁波(光)は透過できません。
つまり、網膜に到達する光の中で、紫外線にもっとも近い強いエネルギーを持つ光が、ブルーライトなのです。

そしてブルーライトの肌への浸透率も、紫外線の中でも高いUV-Aとほぼ同じ!

人は紫外線を浴びると、肌に“酸化タンパク”と呼ばれる物質が発生し、その酸化タンパクがブルーライトを吸収します。
ブルーライトが吸収されると肌を錆びさせる活性酸素が発生し、皮膚の老化に大きな影響を与えます。

またブルーライトは単体で浴びても肌に悪影響を与えますので、老化の大敵と言えます。

近赤外線(NIR)

赤外線同様、太陽光線を形成している成分のひとつで、太陽熱エネルギーのうち約半分を占めています。

視覚で色彩を捉える事の出来ない不可視光線ですが、可視光線に近い特性を持ち、赤外線通信・赤外線カメラ・家庭用のリモコンなど幅広く使用されています。

近赤外線はUV-Aよりも肌の深くにまで届くので、肌に長時間当てていると、しわ・たるみなどの肌老化の原因となります。
紫外線のUV-Bは表皮に、UV-Aは真皮上層に作用するのに対し、近赤外線は強いエネルギーに当てると、真皮の下層にある皮下組織(筋肉)と呼ばれる最も深い層にまで達するとされています。
ですから、近赤外線は皮下組織全体にまで影響を及ぼすのです。

また、しわ改善効果の期待出来る光治療器などの一部には、近赤外線のメカニズムを応用しているものもあります。
瞬間的に強いエネルギーの近赤外線を肌に照射すると、コラーゲンの生成量が増えます
しかし逆に長時間弱いエネルギーを当て続けると、コラーゲンの生成量が減少します

つまり近赤外線は、エネルギー量の違いでメリット・デメリットが表れるのです。

身近に潜む光老化の脅威

そう遠くない時代の日本では、赤ちゃんの日光浴が推進されていましたが、『光老化』という言葉が徐々に普及し始め、1998年に母子手帳から日光浴を推奨する文章が削除されました。

幼少から紫外線ケアなどの光防御を開始しするべき、という認識が浸透し始めたのには、以下の様な環境的な問題が挙げられます。

  • 街のコンクリート化による照り返し
  • オゾン層の破壊

街のコンクリート化による照り返し

紫外線は太陽光ですので上空から降り注ぎますが、近代化が進むにつれ街がコンクリート化したことにより、その紫外線が照り返しとなるようになりました。

上空からだけでなく、下からの照り返し、建物からの照り返しなど、多方向から紫外線を受けるリスクが高まりまったのです

オゾン層の破壊

フロン(クロロフルオロカーボン類)は、かつてエアコンなどの家電から大気中に大量に放出されていましたが、1970年代半ば頃にフロンがオゾン層を破壊する可能性が指摘されました。

それから世界中でオゾン層破壊物質の規制がされたおかげで、オゾン層の減少は見られなくなりましたが、減ってしまった分はそのままです。

しかしUV-Bはオゾン層で吸収される性質を持っていますので、オゾン層が減少した分、必然的に地上に届く量が増えていると考えられるのです。

光老化を防ぐには

では、3つの光老化を防ぐには、どのようにしたら良いのでしょうか?

対策をご紹介していきましょう!

  1. 日焼け止めで光防御をする
  2. メイクで肌をカバーする
  3. 抗酸化作用のあるビタミンを摂取する
  4. エステティックサロンでケアをする

日焼け止めで光防御をする

上で述べたように、光老化の多くは紫外線によるもの。
その紫外線をカットするために、日焼け止めを活用することが大切です。

お肌の老化現象・シミ・しわの原因『紫外線A波・B波』から肌を守る! 日焼けをしっかり防ぐ3つのこと
で詳しくご説明していますが、顔だけでなく衣服でカバーされていないデコルテ・手元・脚などは特に念入りに日焼け止めを塗りましょう。

またこれから夏本番に向けて、紫外線が特に強い午前10時から午後2時までの外出はなるべく控え、どうしても外出する際は、2時間おきを目安に日焼け止めを塗りなおす安心です。

メイクで肌をカバーする

メイクをするだけで、肌をある程度、光からカバーすることが出来ます。

日焼け止めが配合されていないファンデーションやBBクリームなどでも、塗るだけで多少の効果が期待できますので、パソコンやスマートフォンなどのブルーライトを防いでくれます。

しかし、日焼け止めと比べて簡易的なため、屋内で過ごす時だけに限定し、外出の際はしっかりと日焼け止めを活用しましょう。

抗酸化作用のあるビタミンを摂取する

光老化は、紫外線やブルーライト、近赤外線などの影響により活性酸素が発生することも、原因のひとつ。

光老化は一般的な老化と同様で、バランスの良い食事を摂ることが大切です。
活性酸素の増加を防ぐためには、抗酸化作用のあるビタミンA・C・E系を多く含む食品を積極的に摂取するよう心がけましょう。

例えばこのような食材がオススメですよ♬

  • ビタミンA➡うなぎ・レバー・モロヘイヤ・にんじんなど
  • ビタミンC➡パセリ・アセロラ・芽キャベツ・レモンなど
  • ビタミンE➡モロヘイヤ・いわし・イクラ・たらこなど

毎日の食事に取り入れやすい食品ばかりです♪

仕事が忙しく、なかなか規則正しい食事を摂れない・・・と言う方は、サプリメントを上手に活用して補えると良いですね。

エステティックサロンでケアをする

セルフケアだけでは不安・・・そんな時は、エステティシャンの力をかりましょう!

エステティックサロンでの本格的な光老化対策は、以下がオススメです。

  • 保湿で肌の働きを正常に戻す
  • 抗酸化ケアをする

保湿で肌の働きを正常に戻す

UV-Aは真皮まで到達し、細胞を遺伝子レベルで傷つけます

すると肌が乾燥し、線維芽細胞(コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸などを作り出す)が正常に働かなくなり、たるみ・しわなどの皮膚の老化の原因となります。

それらをより良い状態へ導くために、プロのエステティシャンによる保湿ケアトリートメントを受け、保湿成分で肌の正常な働きを補いましょう。

抗酸化ケアをする

先に触れましたが、光老化を促進させてしまう原因のひとつは、肌が活性酸素を必要以上に出してしまう事です。
そのために自宅では食生活面を通じて体の内側から抗酸化ケアを、エステティックサロンでは外側(肌)から抗酸化ケアを行いましょう。

エステティックサロンでは、活性酸素の抑制力を持つ抗酸化ビタミンを導入するトリートメントコースがオススメです♬

リラックスしながら抗酸化ケアも出来るなんて、最高です!

3つの光老化から肌を守ろう

いかがでしたでしょうか?
パソコンやスマトフォンからのブルーライトも、光老化の一因ですので油断は出来ませんね。
紫外線ケア・抗酸化ケアで3つの光老化から、しっかりとお肌を守りましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。