生活習慣

幸福感UP! 早寝早起きのメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「早起きは三文の徳」と昔から言われています。
その言葉には、

『朝早く起きれば健康にも良く、
それだけ勉強や仕事がはかどる。
「三文」とは「一文銭3枚」のことで、
「ごくわずかな」と言う意味。
わずか三文だとしても得るものがある、
と朝寝を戒めるために使われた。』
(故事ことわざ辞典より)

という意味が隠されています。
では実際に、どのような効果が期待できるのでしょうか。

早寝早起きと自律神経の関係とは?

早起きのメリット

  • 一日のリズムが整う
  • 食事の時間のリズムが整う
  • 一日の予定を整理・計画することが出来る
  • 便通が整いやすくなる
  • 早寝になり睡眠の質が向上する
  • 時間と心に余裕を持てる
  • 勉強や仕事などへの集中力が増す

忙しい日々が当たり前となってしまっている現代人は、自律神経が乱れがちです。

自律神経とは、自分の意志とは関係なく、刺激や情報などに反応して、体の機能をコントロールしている神経のことを指します。
「手を動かす」「足の親指を動かす」などは自分の意志でコントロールが可能です。
しかし逆に、「腸を動かそう」と思っても動かせませんし、「血液の流れを止めたい」と思っても出来ません。
胃腸を動かす、血液を流す、食べた物から栄養を吸収する、老廃物を排出するなど、
『意識してもできないこと』は全て自律神経が支配しています。
神経系は「末梢神経」と「中枢神経」に分けることができ、
「中枢神経」は脳や脊髄から構成されています。

自律神経の乱れは、体だけでなく心にも不調をもたらします。
不安感や緊張感、抑うつなどの心の不調により、吐き気・多汗・倦怠感・頭痛・肩こり・手足のしびれ・動悸・不整脈・めまい・不眠など、様々な症状が表れ、症状は人によって大きく違うのが特徴です。
また、神経性胃炎・過敏性腸症候群・メニエール病・過呼吸症候群などを引き起こすことも・・・。

こう並べてみると、少し不安になってしまいますよね。

そこで自律神経の乱れを整えてくれるのが「早寝早起き」です。

自律神経の乱れを改善してくれる物質がある

自律神経の乱れを改善するポイントとされているのは、『セロトニン』というホルモン物質です。

セロトニンは別名「幸せ物質」とも呼ばれ、セロトニンが分泌されると、落ち着きや心地よさ、満足感や幸福感を得ることが出来ます。
しかし反対にセロトニンが不足してしまうと、気持ちのバランスが崩れ、イライラやモヤモヤしてしまうことも・・・。

セロトニンの約90%は小腸に、
約2%ほどが脳内の中枢神経に存在しています。
ほんのわずかなその2%が、自律神経の乱れを整え幸福感をもたらしてくれるのです。

では、どうすればセロトニンが分泌されるのでしょうか?

主に次の3つの方法があります。

 

  • 太陽の光を浴びる
  • 規則正しい生活リズム
  • 食べ物で摂取する

太陽の光を浴びる

セロトニンは太陽の光を浴びることで分泌されます。
お肌のためにも、紫外線がまだ弱い朝の光が望ましいですね。
太陽をたっぷり浴びて一日を始めましょう。

規則正しい生活リズム

セロトニンの原料は『メラトニン』です。
メラトニンが不足すると幸せ物質であるセロトニンが十分に分泌されません。
メラトニンの分泌は20時頃から増え始め、深夜2時頃をピークに分泌されます。
そして朝方頃に分泌を終え、セロトニンの分泌へとバトンタッチをするのです。
規則正しい生活はセロトニンとメラトニンが、それぞれバランスよく分泌する手助けをしてくれます。

食べ物で摂取する

セロトニンは『トリプトファン』と呼ばれる物質からも作られます。
しかしこのトリプトファンは体内で作り出すことが出来ないため、食べ物から摂取する必要があります。

トリプトファンを摂取できる食べ物

  • 豆製品:豆腐・納豆・味噌・大豆など
  • 乳製品:牛乳・ヨーグルト・チーズなど
  • 種類:ひまわりの種など
  • ナッツ類:アーモンドなど
  • バナナ

この他にも、肉類・魚類などからも摂取する事が出来ます。
しかし、トリプトファンはビタミンB6と合成することでセロトニンを生成するため、
ビタミンB6と、その合成を助ける炭水化物も摂取することが大切です。

ビタミンB6を含む代表的な食べ物

  • 魚類:まぐろ・カツオ・イワシ・鮭など
  • 肉類:牛肉・鶏肉・豚肉など

とされ、その他にんにくや唐辛子、ピスタチオや抹茶などにも含まれます。

お手軽なファストフードやコンビニ食、外食に偏らず、
バランスの良い食事を摂る習慣を身につけましょう。

早起きをしてトリプトファンを含んだ食材で、ゆっくりと朝食を摂れると良いですね。

 

 

やはり大切なのは『早寝早起き』の習慣です。
みなさんもちょっと早起きをして、『幸福度UP』の毎日を過ごしてみては?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。