食事法

便秘・高血圧・・・発酵パワーで悩みを解決! 毎日取り入れたい『発酵食品』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは発酵食品と聞くと、どんな食べ物を想像しますか?
納豆や漬物、キムチなど、身近な食材も思い浮かぶかもしれません。
近年発酵食品が注目を受けひそかなブームとなっています。
発酵食品と聞くと『なんとなく美容に良さそう!』『健康維持に役立ちそう。』と良いイメージがありますよね。
それでは、発酵食品を摂取するとなぜダイエット効果や美容・健康効果が増すのか、仕組みを詳しくみていきましょう♬

『発酵』のメカニズム

発酵のメカニズム

そもそも『発酵』とは、どのような状態を言うのでしょうか。知っているようで、知らないことですよね。

発酵とは、微生物の働きで有機物が分解され、特定の物質を生成する現象。狭義には無酸素状態で糖質が分解されること。生物体はこれにより必要なエネルギーを獲得する。生成される物質によってアルコール発酵・乳酸発酵・メタン発酵などとよぶ。酒・醤油・味噌・ビール・チーズなどの製造に利用。

(小学館/デジタル大辞泉より)

つまり、微生物が食品中の成分を分解し、アミノ酸やビタミンなどの栄養素を作ることを「発酵」と呼び、食品などで発酵成分を取り入れることにより腸内環境を整えるため、ダイエットや美容健康に効果的だと言われています♪

微生物は現在発見されているだけで何万種類もありますが、発酵するのはごく一部で、種類によって分解する栄養素、生み出される酵素、人の体への作用が違います。
代表的な食品を挙げてみましょう。

  • 牛乳を乳酸菌によって発酵させたもの➡ヨーグルトやチーズなど
  • 大豆を納豆菌によって発酵させたもの➡納豆

その他、世界各国で発酵食品の文化が発達してきました。
目に見えない微生物により素材が本来持っていない風味や栄養成分が現れてくることは、長い歴史の中で「不思議な現象」とされてきましたが、顕微鏡の発明とともに研究がすすみ、「発酵」の正体は『微生物』であることが証明されました。
微生物が食材に含まれるデンプンや糖、たんぱく質などを分解・合成し、新たな成分を作り上げることで、旨みが増し、栄養価も高く吸収されやすくなり、食材の保存性が向上されます。
そして発酵食品を摂取することで、『発酵微生物』が腸内で大活躍!
様々な嬉しい効果をもたらすのです♪

発酵微生物の体内での働き

腸の中の細菌は、およそ100兆個、約300種類、重さは1kgにもなり、これらが「腸内細菌」です。腸内細菌は消化を助け、ホルモンを作り、免疫力を強め、ミネラル・酵素・たんぱく質などを構成し、腸の働きを調整しているのです。
腸内細菌は以下の2種類が存在しています。

  • 人の健康に有効な働きをするもの=善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌など)
  • 人の健康に有害な働きをするもの=悪玉菌(ウェルシュ菌、大腸菌、毒性株など)

悪玉菌は、便秘や下痢、発がん物質の要因とされますので、注意が必要です。

あなたは大丈夫?腸内環境の乱れを警告する症状

現代人は食生活の乱れや睡眠不足・ストレスなどで、腸内環境も崩れがちです。
腸内バランスが崩れている可能性がある症状として、以下が挙げられます。

  • 3日以上排便がないことがある
  • 便の形状は小さくコロコロしている
  • 便の色が黒に近く、水に沈む
  • お腹にガスが溜まりやすい
  • 便やおならの臭い強い
  • 肌の調子が悪いことが多い
  • 口臭が気になる
  • 普段の食事は肉・魚・卵などの動物性食品が多く、野菜が少ない

 当てはまる症状はありませんか?
ひとつでも当てはまる方は要注意ですよ。

しかし、心配は無用です!
発酵食品で腸内環境を整え、健康美を手に入れましょう♪

ダイエットや美容健康に効果的な発酵食品

ダイエットや美容健康に効果的な、代表的な菌と発酵食品をご紹介しましょう♪

  1. 納豆菌
  2. 麹菌
  3. 酢酸菌(さくさんきん)
  4. 乳酸菌

納豆菌

主な食品:納豆

稲のわらに多く生息し、日本産の稲のわら1本に、ほぼ100万個の納豆菌が芽胞の状態で付着しています。
納豆のねばねば部分に含まれるたんぱく質分解酵素がナットウキナーゼです。ナットウキナーゼには、血栓の主成分でフィブリンに直接働きかけ分解する作用があります。
さらに高血圧の予防と治療に効果的だとの研究結果も発表されています。

麹菌

主な食品:味噌・醤油・鰹節・清酒・焼酎

麹菌はカビの一種で主に穀物(デンプン質)を分解させる微生物です。2006年日本醸造学会大会で日本の「国菌」に認定されました。清酒・味噌・醤油など和食には欠かせない存在です。
発酵の過程でアミラーゼ、プロテアーゼ・リパーゼの3大消化酵素を作り出し、体に摂り込んだ栄養素を分解して運搬し、不要な物質を排出するデトックス効果が期待できます。

酢酸菌(さくさんきん)

主な食品:ワインヴィネガー・米酢・りんご酢・ナタデココ・カスピ海ヨーグルト

アルコールを分解し酢酸を作る微生物で、酢酸菌にはアルコール脱水素酵素とアルデヒド脱水素酵素という2つの酢酸菌酵素が存在しています。1つ目の酵素でアルコールを分解しアルデヒドを、2つ目の酵素でアルデヒドを分解し酢酸をつくります。
酢酸菌酵素を摂取し飲酒すると、そうでないときと比べ、呼気と血中のエタノール濃度が低下することが確認されています。

乳酸菌

主な食品:ヨーグルト・チーズ・バター・乳酸菌飲料・漬物・キムチ・ピクルス・味噌・醤油

オリゴ糖などの糖を利用して発酵し、乳酸をはじめとする酸を作る細菌の総称です。種類は属・種・株と細かく分類され、350もの種類があります。
なかでもビフィズス菌は人の腸内に最も多い有効な菌で、腸内に1~10兆個も住みついており、腸内バランスを支えています。

発酵の効果を効率よく得るポイント

大切なのは食べる量ではなく、腸に定着させること!

発酵食品は、食べる量ではなく、腸に定着させることがポイントです!
発酵食品を一度に大量に摂取すると、塩分や脂肪分などが過剰となってしまいます。
乳酸菌は腸に定着させることで効果が発揮されますので、毎日バランスよく摂取しましょう。
また、菌は熱と酸に弱いため、加熱調理や胃酸で死滅してしまいます。
死滅しても腸内バランスを整える助けをしますが、生きた菌が腸まで届いた方が、より高い効果を得られます。
『腸に定着させる』ことを目的とする際は、加熱調理をせず、そのままの状態で摂取することが望ましいですね。

 

いかがでしたでしょうか?
身近な発酵食品を上手に取り入れて、ダイエットや美容健康に役立ててみて下さい♪
発酵パワーで健康美人を手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。