体の知識

クーパー靭帯が伸びても大丈夫! バストアップできるマッサージ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは、バストラインで悩んでいませんか?

美しいバストは女性の憧れ!

「水着がいまいち決まらない・・・」
「昔と比べてバストにボリュームがなくなった・・・」
「以前は似合っていた洋服なのに、バストが垂れて老けて見える・・・」

薄着になる夏は、バストラインも目立ちやすく、気になるパーツですよね。
今回はバストが下垂してしまう原因と対策、美しいバストラインを作るマッサージをご紹介しましょう♬

バストが垂れてしまう3つの段階

バストの下垂、すなわち加齢は20代から始まります。

バストの加齢は3つの段階に分ける事ができ、以下のように下垂が進んでいきます。

  • デコルテの膨らみがなくなる
  • バストが重力に負け、乳頭が下を向く
  • バスト全体が下垂し、左右に流れてしまう

もしあなたのデコルテのふくらみがなくなってきていると感じたら、それはバストの加齢・下垂が始まっている証拠なのです!

バストが垂れてしまう原因は?

では、バストが垂れてしまう原因として、どこのような事が考えられるのでしょうか?

見ていきましょう。

  • ホルモンバランスの変化
  • 姿勢が悪い
  • 下着のサイズが合っていない
  • バストサイズの急激な変化
  • クーパー靭帯が伸びてしまう

ホルモンバランスの変化

女性のバストが男性に比べて膨らんでいるのは、女性ホルモンの影響です。
その女性ホルモンは“エストロゲン”と呼ばれ、乳腺を発達させ、ハリを保つ役割を持っています。

女性らしさを作り出すエストロゲンは年齢とともに減少し、そのピークは30代とされています。
これは卵巣の働きの低下が原因で、バストを下垂させてしまうのです。

また、『若年性更年期』と呼ばれる、若い年代でホルモンバランスが変化し、エストロゲンの分泌が減少してしまう人が増加しており、30代を待たずに減少してしまうため、若くしてバストの下垂に悩む人も増えています。

姿勢が悪い

猫背が肩こり・腰痛などの原因となるのは有名ですが、バストが垂れてしまう原因にもなります。

猫背になり日常的に背中が丸まっている姿勢でいると、バストは下を向き下垂してしまいます。

また、大胸筋などのバスト付近の血流が滞り、バストが冷えて栄養が行き届かず、ハリを失ったバストは下垂の一途を辿ることとなってしまうのです。

下着のサイズが合っていない

朝の支度の時や、外出前に下着をつけて一日中バストの位置を修正せずに過ごしていると、下着とバストの位置がどんどんずれてしまいます

ずれた下着の締め付けにより、バストが潰れ、バストの皮膚や組織にダメージを与えてしまう事も・・・。

また、バストのサイズに合っていない下着や、サポート力の低い下着を常用していると、バストのお肉が脇・背中・お腹など他の部位に流れていってしまうため、バストの下垂に繋がってしまうのです。

バストサイズの急激な変化

バストサイズが急激に変化すると、クーパー靭帯・バストの皮膚が伸びてしまいます

ダイエットとリバウンドを繰り返す体重の急激な増減は、その代表的な例です。

また妊娠・出産・授乳を経験したほとんどの女性が、産後にバストが垂れたと感じることも、クーパー靭帯・バストの皮膚が伸びてしまうことが原因です。

体重の急激な増減、妊娠・出産・授乳は、バスト下垂の大きな要因なのです。

クーパー靭帯が伸びてしまう

クーパー靭帯コラーゲン繊維で構成され、乳腺と筋肉・皮膚をつなぐ役割を担い、バストのハリを作り出しています。
しかしこのクーパー靭帯は鍛えることが出来ないため、ダメージや刺激により伸びてしまうと、バストを支えることが出来なくなってしまいます。

また加齢によっても伸びてしまうクーパー靭帯。
上で触れましたが、バストの膨らみは皮下脂肪や乳腺によって構成されており、乳腺は20代前半をピークに発達し、その後が衰えていきます。

そのため、加齢によってバストの乳腺が占める割合が小さくなり、乳腺の割合が減る分、皮下脂肪の占める割合が大きくなるため、バストが柔らかく、そして重くなります。
このバストの重さが増す事が、クーパー靭帯が伸びてしまう原因ともされています。

バストの下垂を防ごう!

垂れてしまうと老けて見えるバスト・・・。

いつまでも若々しく健康的でいるためにも、下垂は避けたいですよね。

以下の事を心がけてみましょう♬

  • ホルモンバランスを乱さないよう心掛ける
  • 正しい姿勢を心がける
  • 下着の付け方を見直す
  • 無理なダイエットをしない
  • クーパー靭帯が伸びないよう工夫する

ホルモンバランスを乱さないよう心掛ける

バストの下垂を予防するだけでなく、バストアップにも大切なホルモンバランス

ホルモンバランスは、ストレス・疲労・不規則な生活・無理なダイエットなどが原因で、すぐに乱れてしまいます。

ストレスや疲労を溜めすぎてしまわないよう、日ごろから規則正しい生活を心掛け、適度な運動を取り入れた無理のないダイエットを心がけることが大切です。

クーパー靭帯が伸びないよう工夫する

マラソンやダンスなど、バストが上下左右に激しく動く運動をする際には、バストが動かないようスポーツタイプの下着をつけるなど、クーパー靭帯に強い刺激やダメージを与えず、伸びてしまわないようにする対策を取りましょう。

スポーツ用品専門店では、バストの揺れを抑えるスポーツブラジャーを多数揃えていますので、ショップ店員さんに相談すると安心です。

正しい姿勢を心がける

猫背など、身体に負担の掛かるような悪い姿勢でいると、大胸筋などバスト周辺の筋肉が使われずに筋力が衰えます。
するとバストを支える筋肉が衰えているため、バストを支えきれずに下垂してしまいます。

特に猫背はバスト下垂の大きな原因となりますので、背中が丸まらないよう顎を引き、背筋を伸ばして良い姿勢を保つように心がけましょう。

猫背解消については、

健康にも大きな影響が!? 美しい後姿を生む猫背解消ストレッチ

で詳しくご説明していますので、是非ご一読下さい♬

下着の付け方を見直す

大手下着メーカーのワコールによると、正しいサイズの下着を付けている人の方が、バストの下垂が少なかったというデータがあるとしています。

バストの下垂に大きく関わるクーパー靭帯は、バストの重みや揺れなどの刺激で伸びてしまいます。
重みや揺れの刺激を最小限にとどめるには、自分自身のバストサイズに合った下着をつけることが大切です。
ランジェリーショップなどで、しっかりと採寸・試着をし正しいサイズの下着を身に付けましょう。

外出前に付けたらつけっぱなし・・・ではなく、休み時間やトイレに寄った時など、こまめにチェックし、正しい位置で装着することも心掛けましょう♬

無理なダイエットをしない

クーパー靭帯は、一度伸びたり切れたりしてしまうと、元に戻すことは出来ません

ダイエットに成功しスリムなボディラインを手に入れても、その後リバウンドをしてしまうなど、急激な体重の増減はクーパー靭帯に刺激・ダメージを与えてしまいます。

バストの下垂を防ぐためにも、短期間で何キロも減量するような無理なダイエットは控え、ゆっくりと確実に体重を落としリバウンドのしにくいダイエットを選択しましょう!

血流を良くしてバストアップ♪

先に説明の通り、クーパー靭帯は一度伸びてしまうと、元に戻す事が出来ません
しかし、クーパー靭帯を元に戻せなくても、バストアップをすることが出来ます

そのためには、血流を良くすることがカギとなります。
血流を良くすることによるメリットをご紹介しましょう♬

  • 女性ホルモンをバストに届けやすくする
  • 必要な栄養・酸素をバストに運ぶ
  • 老廃物を溜めにくくする

女性ホルモンをバストに届けやすくする

女性の体内では色々なホルモンが分泌されていますが、それらのホルモンは血流によって必要な場所へと運ばれていきます。

女性ホルモン・成長ホルモンの場合はそのひとつが「乳腺」です。

ラクトゲン受容体”と呼ばれるバストの乳腺の中にあるホルモンを受け取る器官で、体内で作られたホルモンが血流にのり、バスト付近にやってきたラクトゲン受容体と結びつくことで、乳腺細胞が活性化されて、バストアップされるのです!

必要な栄養・酸素をバストに運ぶ

バストアップのために、毎日食事に気を遣っていたとしても、血流が悪ければ摂取した栄養はなかなかバストには届きません
新鮮な酸素もしかりです!

栄養素は腸で吸収され、血流にのって全身へと運ばれますので、バスト周りの血流が悪いと、せっかくの栄養・酸素が届けられないのです。

血流を改善することで、血液からバストアップ効果の高い栄養・酸素をたっぷりと受け取ることが出来るようになります♬

老廃物を溜めにくくする

血流が悪くなると言う事は、体内の老廃物を排出できないという事です。
老廃物がバスト周辺で滞っていると、新鮮な栄養や酸素が取り入れにくくなってしまいます

バストアップの邪魔になるだけでなく、疲労感を与えるなど、老廃物は体にとっても悪影響。
ですから、血流を良くし老廃物を溜めにくくすることで、バストアップに大切なホルモンや栄養・酸素を取り入れやすくすることが期待出来ます♬

血流促進!バストアップマッサージ♬

バスト周辺の血流を促進し、ハリのある若々しいバストにしてくれるマッサージです♬
バストのボリュームがアップするだけではなく、美しい形に整えてくる効果もあるので一石二鳥です!

  1. 親指以外の4指を使い、体の中心から外側に向かい鎖骨を撫でる
  2. 今度は体の中心から鎖骨を撫で、脇の下に向かって流す
  3. 手でバストを優しく包み、バストの中心からはじまりバストの外周を優しくなぞる

(バスト中心→バスト下→バストわき→デコルテ)

このマッサージを5~10周行いましょう。
(※両手でやりにくい場合は、片方ずつでも問題ありません。)
あくまで優しくなぞるように行いますので、過度な刺激は不要です。

鎖骨の周辺は、老廃物がたまりやすいポイント。
バストへの栄養供給を阻害している老廃物がスムーズに代謝されるようになれば、バストアップ成功間違いなし!

入浴時に行うと、身体が温まっており血行が促進されているので、より効果的です♬

バストの下垂を予防し、血流促進でバストアップ

いかがでしたでしょうか?

美しいバストのヒミツは、クーパー靭帯を伸ばさない工夫と、血流促進にあります。
日ごろのちょっとした工夫とケアで、ハリのある美しいバストを取り戻せます♬

さっそく取り入れて、憧れのバストを手に入れましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。