運動法

垂れたお尻は老けて見える!? 若々しい美尻に導くヒップアップ習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ピッタリとしたパンツをはいた時や、水着を着た時に、鏡に写ったヒップラインを見てハッとした経験はありませんか?
想像の中の自分のヒップラインより垂れていたり、崩れていたりしていて、ショックを受けることも・・・。

お尻は自分で見ることが出来ないため、垂れ尻になかなか気が付けないですよね

これから夏本番!
美しいヒップラインで夏を迎えたい♪
今回は「ヒップアップについて」ご紹介していきましょう。

お尻が垂れると・・・

女性のお尻の重さは、平均して約8kgもあると言われています!
ヒップラインの崩れ方は人それぞれですが、どのような影響があるのでしょうか?
見ていきましょう。

  • 太ももが太くなり、足が短く見える
  • 老けて見える

太ももが太くなり、足が短く見える

お尻が垂れ下がってくることで、ヒップと太ももが一体化し、太くなってしまいます
するとお尻と足の境目がなくなりお尻の位置が下がって見え、結果として足が太く短く見えてしまうのです。

老けて見える

キュッと上がった小尻は若く見えますが、反対に垂れて大きなお尻は一気に老けて見えてしまいます
とっても残念ですよね。

お尻が垂れてラインが崩れてしまう原因は?

重力や筋力などの関係で、年を重ねれば重ねるほど崩れてしまうヒップライン・・・。
どのような原因でお尻が垂れてしまうのでしょうか?
以下の様なことが考えられます。

  • サイズの合っていない下着を身に付けている
  • 間違った座り方をしている
  • ヒールの高い靴を好んで履いている
  • 大臀筋が衰えている

サイズの合っていない下着を身に付けている

女性の身体の特徴として“柔らかい脂肪”が挙げられます。

バストやヒップは特に柔らかく、垂れやすい部位のイメージが強いですよね。
そのため、良くも悪くも下着によってボディラインが変化しますので、毎日身に付ける下着には注意が必要です。
自分のサイズに合っていない下着を付けていると、ヒップラインを崩してしまう原因となります。

  • 小さい下着➡身体を締め付け血流を悪化させる
  • 大きい下着➡ヒップと下着の間に隙間が生まれ、ヒップをサポートしきれなくなる

間違った座り方をしている

オフィスワークなどで長時間パソコン作業をしていると、当然イスに座っている時間が長くなりますよね。
その際の座り方が悪いと、大臀筋に悪影響を与え衰えさせてしまいます
このような座り方をしていませんか?

  • イスに浅く座り、背もたれに体を預けすぎている
  • 常に足を組んで座っている
  • 足を前に投げ出して座っている

心当たりのある方は大臀筋が衰えている可能性があります。要注意ですよ!

ヒールの高い靴を好んで履いている

高いヒールは足も長くなり、ヒップアップをしているように見えるアイテムですが、実は大きな落とし穴が潜んでいます。

高いヒールを履くと、膝が曲がってしまい不自然な姿勢の歩行になってしまいます。
膝が曲がった状態での歩行を続けていると、大臀筋を使って歩くことが出来ずに衰え、結果としてお尻が垂れてしまいます。

お尻の筋肉は大きく、大臀筋中臀筋小臀筋に分けられ、ヒップを覆うように層になっています。
高いヒールを履き続けると、臀部の一番奥にある小臀筋と、その上部の筋肉である中臀筋異常に固くなってしまい、一番外側にある大臀筋が緩んで使えなくなる状態に陥り、垂れ尻を引き起こします。

また長い期間ヒールを愛用していると、ヒールを脱いでいるときにも大臀筋を使わない歩き方の癖が抜けず、ますますヒップラインが崩れてしまうのです。

大臀筋が衰えている

私たちのお尻は『大臀筋(だいでんきん)』と呼ばれる筋肉に支えられています。
大臀筋は、骨盤の傾きを防いだり、しゃがんだ状態からの立ち上がりや、ランニング・ジャンプ時に使われる大きな筋肉です。

元々脂肪の多い部位であるお尻は、加齢・運動不足などの要因で筋力が弱り、お尻の脂肪を支え切れなくなり、垂れ尻となってしまいます。
またお尻の大きな筋肉である大臀筋が弱ることで、周辺の筋肉にコリや緊張を与え、ヒップラインの崩れだけでなく、腰痛・骨盤の歪みを引き起こしてしまうのです。

お尻が垂れる生活習慣を続けていると・・・

垂れ尻を引き起こす間違った座り方や、高いヒールの靴を履くことによる不自然な歩行を続けていると、ヒップラインの崩れだけでなく、こんな症状も。

  • 仙骨座りが癖になり姿勢の悪化・痛みなどが起こる
  • O脚になる

仙骨座りが癖になり姿勢の悪化・痛みなどが起こる

仙骨座り』は、車いす生活を長く送る高齢者の方に多い症状です。

骨盤が後ろに傾いた状態で座るため背中が丸まり、仙骨で体重を受け止める姿勢になってしまいます。

その姿勢を長く続けていると、お尻周辺の重要な動脈や神経を圧迫するため、座骨神経痛や、膝裏・太ももの裏・お尻・股関節などに次第に痛み感じるようになってしまいます。

O脚になる

O脚は腰から膝の骨格、膝から足首の骨格、あるいはその両方の骨格が外側に拡がってしまっている状態です。

これは座り方・歩き方の癖で骨盤が歪むことで起こる症状ですが、このまま放っておくと外反母趾・疲労感・スポーツ時にけがをしやすくなるなど、美容面だけでなく健康面においても悪影響となります。

キュッと若々しい小尻を取り戻すには?

10代・20代の頃のような、キュッと若々しい小尻を取り戻すには、どうしたら良いのでしょうか?
今からでも遅くありません
対策を見ていきましょう♬

  1. 身体のサイズに合った下着を選ぶ
  2. 正しいイスの座り方を心がける
  3. 高いヒールの靴を避け、正しい歩き方を意識する
  4. ヨガポーズ大臀筋を鍛える

身体のサイズに合った下着を選ぶ

みなさんはショーツを選ぶ際に、ブラジャーと同じようにサイズ選びをしていますか?

ブラジャーはアンダーバスト・バストトップをメジャーでしっかりと測ってから選ぶ方がほとんどだと思います。
しかし、ショーツはどうでしょうか?
なんとなくMサイズ、なんとなくSサイズ・・・といった感じで、適当に選んでいませんか?

ショーツはブラジャーと違い試着が出来ない場合が多いため、サイズを気にせずデザインや肌ざわりで決めてしまう事が多いのではないでしょうか。
自身のヒップに対してサイズが小さいと、動くうちに徐々にずり上がりヒップに食い込み、そこに余計な線が癖として残り、ヒップラインを崩してしまいます。
逆に自身にヒップに対してサイズが大きいと、ヒップと下着の間に隙間が生まれヒップの脂肪を支えきれず、垂れ尻の原因となってしまいます。

ですから、ショーツを選ぶ際は、自身のサイズに合ったショーツを選びましょう
ランジェリーショップなどで、店員さんにしっかりとサイズを測ってもらい、アドバイスを受けると安心ですね!

正しいイスの座り方を心がける

イスに座る際に浅く腰掛け背もたれに体を預けすぎていたり、足を組んだり投げ出したりしていると、腰が丸まり仙骨が圧迫されお尻の形を潰してしまいます
またお尻を潰した状態は、筋肉が緩んでしまったり骨盤が後ろに傾きやすくなってしまうため、骨盤が開きヒップラインを崩してしまいます
骨盤が開くとヒップラインの崩れだけでなく、O脚の原因となります。
正しい座り方をご紹介しましょう♬

腰をしっかりと立てて、骨盤の真下にある坐骨の骨がイスに当たるよう意識しながら座る

お尻を潰さないよう美しい姿勢を保ちながら座るには、しっかりと坐骨で座るように心がけましょう。
坐骨で座ることで骨盤がしっかりと立ち、腰が真っすぐに伸びるためお腹に力が入り、背骨も反らずに正しい姿勢で座る事が出来ます。

なるべく背もたれにももたれないようにすることで、腰が後ろに傾くことを防げますので、臀部への負担を軽減できます。
イスに長時間座る際は、これらの事を意識し正しい姿勢を心がけましょう

高いヒールの靴を避け、正しい歩き方を意識する

先に述べたように、高いヒールを履いていると膝が曲がります。
ヒールが高すぎて前に体重が掛かることで、膝を曲げないと歩けなくなってしまうからです

この様な歩き方を続けていると、膝が内側に入り込む癖がついてしまい、お尻にある筋肉の大臀筋を使った正しい姿勢の歩き方が出来なくなってしまいます
ハイヒールを履くとスタイルアップも期待出来ますし、頼もしいアイテムですよね。

しかしヒップラインを崩さないことを目的とするとオススメは出来ません。
高いヒールの靴は、パーティーなどのとっておきのイベント時にとどめ、日常的に履くことは控えると良いですね
重心が前に掛からないように、スニーカーバレエシューズを選び、ヒールのある靴は3cm程度のものにしてみましょう。

ヨガポーズで大臀筋を鍛える

上で述べたB・Cどちらも大臀筋の衰えがヒップラインを崩す原因となっています。
臀部にあるコリや緊張をほぐし、しっかりと大臀筋を鍛えて、美しいヒップラインを目指しましょう♬
おすすめ美尻ヨガポーズのご紹介です!

1回たったの30秒!ヒップアップに効果的『弓のポーズ』

寝たまま出来るヨガポーズですので、起床時や就寝前のベッドの上でも気軽にヒップアップ♬
簡単2ステップ!1回たったの30秒ですので、無理なく続けられそうですよね。
やり方は以下の通りです。

  1. うつぶせになり、足を腰の幅ほどに開き両足を曲げ、両手で足首をつかむ
  2. 息を大きく吸いながら、背中からお尻を弓のように曲げて体を起こす

弓のように反り返って足首をつかみます。
この際、ゆっくりと息を吸いながら反り、反りきったところで一度停止し、ゆっくりと息を吐きだしましょう
お尻の筋肉を意識しながら行うとより効果的ですよ♬

美尻は日ごろの習慣で作られる

いかがでしたでしょうか?
原因を取り除けば、崩れたヒップラインは整えられます。
対策はどれもすぐに取り入れられる習慣ですよね。
美尻があればビキニも怖くない!
早速今日から美尻習慣を始めてみましょう♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。