体の知識

しみ・しわ・乾燥・・・夏の肌ダメージは秋に出る!?秋の集中スキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

食欲の秋・睡眠の秋・芸術の秋・・・。

秋も楽しいイベントが盛りだくさんですが、みなさんのお肌にトラブルはありませんか?

肌ダメージが表れやすいこの時期にしっかりとケアを行うことで、夏のダメージを持ち越さずに秋・冬を迎えられます♬

今回は、秋のスキンケアについてご紹介です!

秋に起こりやすい肌トラブル

この時期は、どんな肌トラブルが起こりやすいのでしょうか?

見ていきましょう。

  • 夏の紫外線の後遺症で”潤い”が逃げやすい
  • 夏に受けた紫外線ダメージが表れる
  • 皮脂が減少し、空気・肌が乾燥する
  • 季節の変わり目で肌が敏感・デリケートに傾く

夏の紫外線の後遺症で”潤い”が逃げやすい

皮膚の細胞が一定のサイクルで新しい細胞へと生まれ変わる”ターンーバー”、すなわち新陳代謝は、約1カ月の周期で行われるため、私たちの肌は約28日間かけて新しい肌へと生まれ変わっています。

ですから、夏に受けた紫外線のダメージは、約1カ月間は肌の内側に潜み、秋になるとシミ・くすみとなって、次々と現れます。

さらに、秋は乾燥によって肌のバリア機能も低下しがちに・・・。

すると肌の水分が逃げやすくなり、美白が思うように行かないといった事態になりかねません。

夏に受けた紫外線ダメージが表れる

暑い夏が終わり、涼しい秋口になると紫外線はやや弱まりを見せます。

しかしわたし達の肌は、ターンオーバーの影響で約1カ月遅れで変化が訪れますので秋の肌は夏に受けた紫外線ダメージによる”メラニン”がたっぷりと控えている状態です。

ですから、肌にたまっているメラニンをターンオーバーで排出することが大切になりますが、秋の肌は不安定なため、ケアを怠っているとメラニンをスムーズに排出できず、シミやくすみが肌に定着してしまいます。

皮脂が減少し、空気・肌が乾燥する

秋から冬にかけては空気が乾燥し、皮脂分泌も低下するため、お肌の乾燥も本格化します。

肌はますます水分量が減っていき、不安定になりがちに・・・。

秋になると肌がくすみやすく感じる方も多いと思いますが、その原因は夏の日焼けだけではありません

このくすみは、肌の””のせいである可能性も否定できません。

乾燥が起こると、肌の柔軟性や透明度が低下し、そこに受ける太陽光などの光が乱反射し、肌に影を落とします。

すると、秋の肌は夏と比べてくすんで黄色味がかった肌になってしまうのです。

季節の変わり目で肌が敏感・デリケートに傾く

秋は、暑い夏から寒い冬へと季節が移り変わり、肌だけでなく身体もその外的環境に適応しようと働きます

言い換えると、これは身体が一種の『緊張状態』になり、ちょっとした刺激にも敏感に反応しやすい環境になっているとも言えます。

ですから秋は春と同様に、アレルギーや痒み・かぶれなどの肌トラブルが起こりやすいのです。

スキンケアやメイクを変えたわけでもないのに肌の調子が悪い・・・。

それは季節の変わり目のせいかもしれません。

10月半ばまでは真夏と同じ紫外線量

気象庁が発表している紫外線に関するデータをご覧下さい。

4月・5月の紫外線量と、10月半ばくらいまでの紫外線量は同等であることがお分かりいただけると思います。

夏の“くすみ肌”に要注意! 秋に持ち越さない5つの対策

でも詳しくご説明していますが、”暑い=紫外線が強い”のは勿論ですが、紫外線は年間を通して降り注いでいます

涼しくなってくると気が緩み、紫外線対策がおろそかになりがちに・・・。

気温が下がり始めると長袖の洋服を着るため、身体は紫外線からしっかりと守られますが、どうしても隠すことの出来ない顔・手は紫外線を浴びてしまいます。

すると、夏の紫外線ダメージに加え、秋に無防備に過ごしてしまったダメージが更に加わり、そのつけが大きくお肌に表れてしまうのです・・・!

秋の肌の正しいお手入れ法は?

秋のお肌を健康な状態に導くには、 どのような点に注意してケアをすればよいのでしょうか?

詳しくご紹介していきましょう♬

  1. 肌の保湿を徹底し、バリア機能を正常化
  2. メラニンを排出する”美白化粧品”を取り入れる
  3. 乾燥を起こさないよう心掛ける
  4. 引き続き紫外線対策を行う 

肌の保湿を徹底し、バリア機能を正常化

保湿・バリア機能を正常な状態に保つためのポイントは、皮膚の表面にある”角質層”の状態です。

皮膚には、外的刺激から肌を守るためにバリア機能や、肌の水分が失われてしまわないよう保湿機能が備わっています。

この角質層が損傷を受けたりすることで機能が低下すると、皮膚トラブル・乾燥が起こりやすい状態となってしまいます。 
秋の肌状態は、夏に受けた紫外線の影響により、この角質層の機能が低下しています。
ですから、肌に対する刺激を極力少なくするために、以下の点に注意してクレンジング・洗顔などのスキンケアを行いましょう。

  • 強い力でゴシゴシと強くクレンジング・洗顔をしない
  • ダブル洗顔は禁物
  • 刺激の少ないクレンジング剤で汚れを浮かせるように優しく落とす

刺激を与えず、優しくケアすることを心がけてみましょう♬

メラニンを排出する”美白化粧品”を取り入れる

秋の肌は、紫外線のダメージなどにより、本来は剥がれ落ちるべきであるメラニンをたっぷり含んだ古い角質が肌に残ってしまいやすい状態です。

古い角質が残ったままになったお肌は、保湿機能・バリア機能・ターンオーバーに影響を及ぼし、肌が厚くなり硬くくすみが目立ってしまいます。

それらを確実に除去するために、美白化粧品を取り入れてみましょう♬

特に、メラニン排出効果をより高めるためにも『ビタミンC誘導体配合』のものがオススメです。
ビタミンC誘導体には、できてしまったメラニンを還元して色素沈着を防ぐ作用の他に、抗酸化作用、新陳代謝促進、皮脂分泌コントロール作用、などさまざまな美容効果が期待できます。

さらに、分子を小さくし肌に浸透しやすくなったタイプのビタミンC誘導体は肌の奥まで届きますので、メラニン排出だけでなく、シミ・シワ・たるみなどさまざまな悩みに効果が期待できる成分である事も見逃せないポイントです!

乾燥を起こさないよう心掛ける

秋は空気の乾燥や、皮脂分泌の低下に伴い肌が乾燥に傾きます。

大手化粧品メーカーである資生堂は、『乾燥刺激によってシミが悪化することを突き止めた』と発表しています。

夏にエアコンや紫外線でダメージを受けた肌に、秋・冬の気温の低下に伴う空気の乾燥で、肌の水分量はどんどん失われてしまいます。

しみ・くすみが起こりやすい今だからこそ、乾燥を起こさないケアが必須となります。

以下の成分は保湿に特化していますので、是非取り入れてみて下さいね♪

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • ワセリン
  • スクワラン
  • アスタキサンチン
  • 馬油
  • ケラチナミン(尿素)

購入の際の参考になさってみて下さい。

引き続き紫外線対策を行う

上で説明の通り、秋口はまだまだ紫外線が降り注いでいます。

日差しが弱くなり、気温が下がって過ごしやすくなると、紫外線が減っているかのような印象を持ってしまいがちです。

お肌の老化現象・シミ・しわの原因『紫外線A波・B波』から肌を守る! 日焼けをしっかり防ぐ3つのこと

でも詳しくご紹介していますが、秋になったとしても紫外線は降り注いでいるのです

特にUV-Aは年間を通して、地上に降り注いでいます

UV-Bのように肌を赤くするような日焼けではありませんが、UV-Aは肌細胞に様々な悪影響を与えます。

しみ・しわ・くすみだけでなく、痒みやかぶれなどのトラブルの原因となっていることもありますので、紫外線対策は引き続きしっかりと行うよう心掛けましょう!

夏のダメージを持ち越さない!

いかがでしたでしょうか?

夏のダメージを秋・冬に持ち越さないためにも、秋のスペシャルケアは欠かせません。

ダメージ・トラブル知らずの肌で、秋・冬を迎えましょう♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。