生活習慣

むくみを取れば細くなる!足首を細くする5つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キュッと引き締まった魅力的な足首は、多くの女性の憧れ。

ブーツや靴下で隠せない夏場は、意外と足首の太さが目立ってしまうもの・・・。

モデルのジェシカさんや菜々緒さんなど、スラリとした美脚の持ち主は、みなさん足首もほっそりとしていますよね。

今回は、足首が太くなってしまう原因と、その解消法をご紹介いたします♬

足が太くなる原因、むくみ

本来、足首は脂肪が付きにくい部位です。

それにも関わらず太くなってしまうのは、様々な生活習慣が原因で引き起こされる”むくみ”が正体!

ダイエットに成功し体重が減っても、なぜか足首だけ痩せない・太いままなのは、むくみが関係していたのです。

以下の症状がないか、チェックしてみましょう。

  • 疲れを強く感じ、なかなか取れない
  • 肩こりがひどい
  • 靴下の跡が取れにくい
  • 冷えを感じ、手足が常に冷たい
  • 足を指で強く押すと、くぼんだまま元に戻らない

当てはまれば当てはまるほど、むくみが疑われます

直ぐに対策を始めましょう♬

足首むくみの原因

様々な要因で太くなってしまう”足首”。

以下の様な習慣に心当たりはありませんか?

大きく5つ考えられます。

見ていきましょう。

  • 足を組む癖がある
  • ハイヒールなど足に合わない靴を選んで履いている
  • 運動不足である
  • 家事や仕事などで立ちっぱなし・座りっぱなしの時間が長い
  • 塩分を摂り過ぎている

足を組む癖がある

足を組む行為は、足首だけでなく、足全体も太くなってしまう悪習慣です。

足を組んで座るという事は、人にとって不自然な行為ですので、身体を歪ませ、余計なところに筋肉が付いてしまいます。

また、足を組むと血行が悪くなり下半身の血流が悪くなることで、むくみを引き起こします。

とりわけ、いつも同じ方の足を組む癖があると、身体全体のバランスも崩れ、足首はますます太くなってしまうのです。

ハイヒールなど足に合わない靴を選んで履いている

脚を太く短く老けさせる膝肉を撃退! 忙しい女性のための原因別解消法

でも触れていますが、ハイヒールは膝に負担を掛ける歩き方を癖付けてしまいます

ハイヒールを履いていると、足の裏全体を使って歩くことが出来ず、かかとが地面に着地しないため、足の指先だけを使い”つま先立ち”で歩いているような状態です。

これではしっかりと足首を使って歩けないので、足首の血行が悪くなりむくんでしまうため、足首が太くなるのです。

重心が偏った歩き方をし、立ち方や体全体に歪みを抱えたまま生活を送っていては、足首はどんどん太くなるばかり。

さらにはO脚・X脚・猫背など、様々な健康被害をも引き起こしてしまいます。

運動不足である

エレベーター・エスカレーターを必ず使用している』『車での移動がメインである

オフィスで一日中デスクに座っている

など日常生活ので、このような習慣に心当たりはありませんか?

運動不足は足首だけでなく、健康面でも悪影響ですが、歩く習慣が少ないと必然的に足の筋肉を使う機会が減り、筋力が衰えます

リンパは筋肉の収縮によって流れますが、筋力が弱いとリンパを押し流すことが出来ず、老廃物や余分な水分が足首に滞ってしまうことでむくみを引き起こし、足首が太くなってしまいます。

家事や仕事などで立ちっぱなし・座りっぱなしの時間が長い

長時間の立ちっぱなしや座りっぱなしは、血流が悪くリンパの流れも滞るため、足がむくんで足首も太くなりがちに。

特に、立ち仕事の人は足首にむくみが溜まりやすくなるため、太くなってしまう傾向が高くなります。

かといって、オフィスでのデスクワークなども、長時間同じ体勢が続くため、同じく足の血行が悪くなり、足首も太くなりやすい環境です。

この様に、立ちっぱなし・座りっぱなしなど、一日中同じ体勢を取る生活を続けていると、血行が悪くなり、足首を太くする”むくみ”を引き起こしてしまうのです。

塩分を摂り過ぎている

そんなにたくさん食事を摂っていないのに足首がむくんで太くなる、と感じる人は、日々の食事の内容を振り返ってみましょう。

多忙な生活のせいで、外食やレトルト食品などに頼ちがちになっているなど、思っている以上に塩分を摂り過ぎているかもしれません

人は塩分を摂り過ぎると、浸透圧の関係で、その塩分を薄めるために大量の水を必要とします

身体が細胞内外の塩分濃度を一定に保とうと体内にどんどん水分を溜め込もうと働くため、足首のむくみにもつながってしまうのです。

足首むくみを放っておくと・・・

足首むくみを放っておくと、美容面だけでなく、健康面にも悪影響を及ぼします。

例えば、以下の様な症状です。

  • 下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう:足の静脈が太くなってコブ状に浮き出て見えるようになった状態)
  • 倦怠感
  • 足がつりやすくなる
  • 下半身太り
  • 冷え症
  • 便秘

健康的にダイエットを成功させるためにも、避けたい症状ばかりです。

足首を太くする”むくみ”を解消しよう♬

キュッと引き締まった美しい足首に導く解決策です。

原因別に対策をみていきましょう♬

 

  1. 足を組まず、正しい姿勢で座る
  2. ハイヒールを控え、正しい歩き方を心がける
  3. エレベーター・エスカレーターを避け、歩く習慣をつける
  4. 同じ姿勢を続けず、適度に休憩をとる
  5. 塩分を控え、カリウムを取り入れた食生活を心がける

足を組まず、正しい姿勢で座る

足を組んで座ると体が歪みますし、不自然な位置で足が圧迫されることで血流を悪化させ、むくみを引き起こします。

また正しい姿勢でイスに座らないと、腰や背中が丸まることで仙骨や坐骨に負担を与え、骨盤が傾き、ますますむくみを引き起こしてしまいます。

イスに座る際は、骨盤をしっかりと立て、骨盤の真下にある坐骨の骨がイスに当たるよう意識して、正しい姿勢を心がけましょう♬

ハイヒールを控え、正しい歩き方を心がける

愛用している靴を見て下さい。

かかとばかりがすり減っていませんか?

足首を使わない歩き方』になっているかもしれません。

  • かかとを引きずって歩いている。
  • サイズの合っていない靴を履いている。

これらは、ペタペタと音がする歩き方で、靴のかかとがすり減りやすい、足首を使わない歩き方の特徴です。

足首のむくみを予防・解消するためには、以下の正しい歩き方を心がけましょう♬

かかとで着地したら、足の指で地面を蹴るようにして足を離す

正しい歩き方をし、足に負担を掛けない為にも、ハイヒールは控え、フラットシューズ・スニーカーが望ましいですね♪

エレベーター・エスカレーターを避け、歩く習慣をつける

日頃、歩く習慣が少ないと、必然的に足の筋肉を使わなくなるため、筋肉の衰えから足首が太くなってしまいます。

ほんのちょっと、『歩くこと』を日常に取り入れるよう心掛けるだけで、1日の運動量がグッと上がります。

  • エレベーター・エスカレーターを控え、階段を使う
  • ひとつ手前の駅から歩く
  • 自転車・車を控え、歩ける距離は歩く

など、ちょっとした事から始めてみましょう。

運動量が上がれば筋肉量も増え、基礎代謝もUP

足首痩せはもちろんですが、健康・ダイエットにも効果的ですよ!

同じ姿勢を続けず、適度に休憩をとる

立ち仕事で立ちっぱなし、オフィスでのデスクワークで座りっぱなし・・・など、長時間の同じ体勢・姿勢は、足をむくませますので、足首をどんどん太くしてしまいます。

身体への負担軽減のためにも、30分に一度は『3分間の休憩』を取り入れましょう。

その際に、身体を伸ばすなどのストレッチ足踏みをするなどのちょっとした運動を取り入れるだけでも、血行が改善されますので、むくみ予防・解消が期待出来ます。

  • 足首を回す
  • 足の指を曲げ伸ばしする

などは、オフィスでも手軽に行えるのでオススメです♬

リンパは筋肉の収縮運動で流れていますので、じっとしていては流れません

同じ姿勢を長時間取らず、こまめに少しでも身体を動かす習慣を身に付けられると良いですね。

塩分を控え、カリウムを取り入れた食生活を心がける

外食・ファストフード・レトルト食品を控え、規則正しいバランスの取れた食事が一番です。

しかし、家事や仕事に忙しい現代女性には、なかなか難しいことも・・・。

そんな時には”カリウム”です♬

ミネラルの一種であるカリウムは、余分な塩分や水分を体外に排出してくれる働き持ちますので、足首だけに限らず、むくみがちな時は積極的に取り入れたい栄養素です。

例えば、この様な野菜・フルーツに多く含まれます。

  • バナナ
  • キウイ
  • メロン
  • ほうれん草
  • モロヘイヤ
  • パセリ
  • 干し柿

身近な食材ばかりですので、スーパーなどで簡単に手に入ります。

スムージーにすると、たくさんの種類と量が摂れるのでオススメですよ。

忙しい朝に、むくみ対策の朝食として取り入れてみてはいかがでしょうか♪

むくみを取り、細い足首に!

いかがでしたでしょうか?

むくみを取れば、キュッと引き締まった足首は、もう目の前に!

足首をむくませない習慣を身に付け、誰もが羨む魅力的な足首を手に入れましょう♬

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。